miyagawa panel 1200405

モリリン株式会社
オレフグループ
6部 係長
2013年入社

宮川 翔

繊維に関する商品なら何でも扱える。
モリリンの可能性に心惹かれた。

他社と比べて印象的だった、「人を知ろう」とする姿勢。

就活を始めた頃、モリリンはあくまで選択肢のひとつでしたが、重要な一社に変わったのは面接を終えてからでした。

志望動機など仕事に関連する質問よりも、僕自身のバックボーンを引き出そうとする問いかけが多く、他社より「人を知ろう」とする姿勢が印象的で、強い興味を抱く要因となったのです。

最初はアパレルのイメージでしたが、産業資材やインテリアなど幅広い分野で活躍していることにも驚き、心惹かれましたね。

繊維を使う商品であれば何でも扱う。そこにモリリンの可能性の広がりを感じました。

miyagawa01

 

自らスタートさせた雑貨類がヒット。
自由度の高さが成果を生む。

現在の業務はメンズアパレルの企画・製作で、僕たちの課は、一人でさまざまな商品を担当するのが特徴です。

カットソー・ニット・アウターを中心として、帽子やベルトなど雑貨類にも携わっています。

雑貨類に関しては上司の指示ではありません。お客様から「アパレルだけでなく雑貨もセットで販売したい」という要望があり、それで先輩に相談したり工場を自分で探したりしながら、僕自身の判断で見切り発車的にスタートさせました。

すると、次から次へとお客様からオーダーが入り、正直、事後報告に近い状況で上司から承諾を得て本格稼働に至っています。

こんなところにもヒットが生まれるきっかけがあるというか、仕事の自由度が非常に高い環境であり、チャンスにあふれた会社です。

miyagawa02

お客様から指名される喜び。その気持ちに応えたい。

キャリアは中堅となり、お客様先のバイヤーさんには自分の意見をはっきり伝えることを心がけています。

例えネガティブな意見でも同様。恐れず本心を伝えたほうがお客様から喜ばれているように感じます。また、複数のバイヤーさんと仕事をする中で人脈が広がっていくことがひとつの喜びでもあります。

「モリリンの宮川さんに頼めば何とかなるだろう」と相談・依頼された時はうれしいですね。

最近、そうした指名案件が増えてきて、お客様の期待に応えようとモチベーションがどんどん上がっています。

入社前に抱いた、繊維に関する商品なら服だけでなく何でもつくれて何でも売れるという可能性。実際にモリリンで働いて、そこに仕事の面白さがあると改めて感じています。

miyagawa03


私のある日のスケジュール

  • AM 7:30
    出社・メールチェック

    早く出社し、今日一日のスケジュールを考えています。

  • AM 9:00
    事務作業

    在庫報告などの事務作業を早々にこなします。

  • 640598sche miyagawa01
  • PM 0:00
    昼食

    同じ課の人と社員食堂でランチ。

  • PM 1:00
    打ち合わせ・企画・商談など

    次の提案の企画や、デザイナーとの打ち合わせ。

  • 640598sche miyagawa02
  • PM 6:00
    生産管理・見積りなど

    生産スケジュールの確認をします。

  • PM 6:50
    退社

    早寝早起き!