igawa-panel-1200450

モリリン株式会社
クリエイティブグループ
3部 係長
2008年入社


井川 兼太

相手の立場から物事を見れば
自ずと「先回り」ができるようになる。

各所とのコミュニケーションが最大の仕事。

専門店や量販店を中心にアパレル製品のOEM、ODMの営業活動を行っています。繊維業界への就職を志す方や、服飾に興味をお持ちの方なら必ず聞いたことがある取引先が多く、やりがいを感じる一方、苦労も多くあります。

商品を作るメーカーや、社内の生産管理の担当者やデザイナー、支えてくれる事務の方など、各所とコミュニケーションを取りながら進めていかなくてはなりません。どれかひとつでも怠ると、円滑に回らなくなってしまうので気を使うところです。

どの業務にも当てはまることかもしれませんが、パソコンひとつでは決して済ますことができない、“泥臭い”面も多分にあると思います。

igawa 1

 

「自分が一番好きなものを売りたい」という想い。

私自身、就職活動時から「商社マンになりたい」という思いが強くありました。モリリンを選んだのは、自分が一番好きなものである「服」を扱いたかったというのが率直なところです。

好きなことを仕事にして、お客様と同じ目線で一緒に話しているときが一番楽しいですし、やりがいを感じます。

もちろん、「好きなだけ」では務まらない仕事ではありますが、「好きである」ことは大前提だと思います。

igawa 3

「相手の立場に立って考える」ことが最も大切。

商売に限らずですが、「相手の立場に立って考える」ということを、常に肝に銘じています。

相手の立場から物事を考えないと、何も始まらないと思いますし、相手のことを考えていると、先回りして「この人は何が必要なのか」、「どういったことをしたら喜ぶのだろう」ということも見えてきますので、「目配り、気配り、心配り」は大切にしています。

igawa 2

社員インタビュー


私のある日のスケジュール

  • AM 8:30
    出社

    メール確認や伝票処理などをします。

  • igawa_sch01
  • AM 10:00
    商談準備

    商談に必要な提案資料をまとめます。

  • PM 0:00
    昼食

    午後に向けて英気を養います。

  • igawa_sch02
  • PM 2:00
    商談

    客先に向かい、事前に準備したもののプレゼンを行います。

  • PM 6:00
    打ち合わせ

    商談時の依頼分について、次に向けてどう動くかを確認します。

  • PM 7:15
    帰社