nakajima panel 1200405

モリリン株式会社
繊維資材グループ
資材3部 部長代理
1996年入社

中島 史郎

あらゆる挑戦が可能な企業。
モリリンで、夢は無限に広がる。

学生の頃から夢だった海外赴任の実現、そして自己成長。

4年半駐在していた中国の工場では、副総経理として、工場管理・受注管理・生産進捗管理などを担当しました。日本ではなかなか経験できない労務関係の仕事も任せてもらい、ビジネスマンとして大きく成長することができました。

モリリンは誰にでも平等にチャンスを与えてくれる会社です。私は学生の頃から海外勤務がひとつの目標で、それを実現することができました。

今では中国やタイに工場を構え、海外がますます身近になっているモリリンに、海の向こうでの挑戦を夢見て入社するのもひとつの選択肢ではないでしょうか。

nakajima01

 

目標は国内シェアの拡大。いずれは北米での挑戦に向けて。

中国赴任から帰国した現在、私は主に、カーシートの開発および生産におけるコーディネートを担当しています。糸の手配や染色工場の選択、コスト削減に加え、あらゆる数字の管理などが日々の業務となります。

今後の目標としては、まずは国内でのシェア拡大。中国から戻って間もないのでまだまだこれからですが、直近の課題ですね。

そして将来的な目標は北米での挑戦。アメリカやメキシコは可能性を秘めた巨大市場であり、北米でモノづくりに関わることに大きな夢を抱いています。

nakajima02

培った実力を思う存分発揮できる環境が、モリリンにはある。

これからモリリンの仲間に加わる人たちには、最終的に全体をコントロールできる人間をめざして働いてほしいと思います。

コーディネーターとして働く今、私は自分の仕事を指揮者に例えます。音楽は指揮者の腕によって奏でる音色が変わります。そして指揮者には、全体像の把握や音楽についての理解も求められます。

市場ニーズの把握、繊維に対する知識、そしてチームの統率など、この仕事は指揮者と何ら変わりません。 そこへたどり着くには知識も経験も、そして人脈も必要です。だから最初は、何でも吸収するつもりで働いてほしいですね。

努力して培った実力は思う存分発揮させてもらえるのが、モリリンという会社です。私の場合は海外勤務がそうでした。時間はかかるかもしれませんが、夢や目標がある人は大いに期待して飛び込んできてください。

nakajima03


私のある日のスケジュール

  • AM 8:15
    メールチェック

    お客様オーダー・工場からの確認に対応。

  • 640598sche nakajima01
  • AM 10:30
    商談・商決後の打ち合わせ

    前日の商談に対して、デザイナーと相談・指示、工場指示。

  • 640598sche nakajima02
  • PM 1:00
    商品開発

    新商品サンプル指示、商品提案準備。

  • 640598sche nakajima03
  • PM 3:00
    各種指示書作成

    工場仕様書、取引先仕様書作成。
    その他店頭リサーチによる情報収集で外出。

  • PM 7:00
    退社

    同僚と食事や帰宅して家族と食事。